阿武隈急行 丸森駅

丸森駅は、宮城県伊具郡丸森町舘矢間山田にある阿武隈急行線の駅である。国鉄丸森線時代、および阿武隈急行転換後もしばらくの間は、槻木駅からの線路の終点であった。なお、当駅は東北地方でもっとも遅く最終列車が到着する駅である。

四季折々の変化を心に刻みながら舟運の歴史を伝える阿武隈ライン舟下りでは、阿武隈川が長い時をかけて刻んだ渓谷と、
四季折々に移り変わる両岸の風景が楽しめる。
町の中心には蔵の郷土館齋理屋敷がある。丸森町にて7代にわたり栄えた豪商・齋藤家が残した、有形文化財に登録される貴重な建築や衣装、美術品などの収蔵品が展示され、「端午の節句」や「齋理の雛まつり」など、季節ごとに様々なイベントを開催している。

☆あぶ急に乗ってみませんか?

☆写真や動画、コメントを是非投稿お願いします!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。